Archive | 2017年11月5日

肌荒れの原因は洗顔料だった?

洗顔をする女性

いつの時代も美は女性の憧れですよね。洗顔に化粧水に乳液、クレンジングと色々と手入れをされているのではないでしょうか。

しかし、洗顔時って肌が荒れる要素が沢山あるんですよね。知らずに必死に洗顔してしまうと取り返しの付かない事になってしまいます。

そこで肌荒れの要素についていくつかご紹介させていただきます。

洗浄力抜群の洗顔料はダメ?

洗顔料

まず洗顔料についてです。皆さんはどんな洗顔料をお使いでしょうか?洗浄力抜群なものを使ってはいませんか?

実は「洗浄力=肌荒れの元」なんですよね。”毛穴までさっぱりスッキリ!”などと謳っている洗顔料は実は危険なんです。洗浄力が強いものは大概、毛穴の汚れや肌に潜在する潜在菌(いい菌)まで洗い流してしまうものなんですよ。

特に気をつけるべきなのは石鹸です。石鹸は洗浄力が高い成分から出来ているのがほとんど。よく手の殺菌や体にも使われていますので、充分に菌を殺菌してくれちゃうんですよね。

皮脂を溶かす成分もダメ?

そして”毛穴汚れもごっそり!”という商品ですが、これも実によくないです。毛穴汚れというのは、毛穴の黒ずみを指していますが、黒ずみって実は皮脂が固まってできたものなんですね。この皮脂をごっそり取るというのはまず無理なことなんです。

皮脂を溶かす成分が配合されているということになり「皮脂を溶かす=肌の油脂がなくなる」ということです。肌の油脂がなくなってしまうと乾燥を招き、肌のバリアが弱まりカサカサ肌になり肌が荒れやすくなってしまうんですよね。

正しい洗顔料の使用方法を知っていますか?

泡を立てての洗顔

そして洗顔料の使用方法ですが、泡立てずにゴシゴシと洗うのは間違いです。洗顔料はよく泡立てて数十秒クルクルと優しく撫でるように洗うのがベストです。ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷付ける原因にもなりかねますよね。そして泡立てずに使ってしまうと、肌に洗顔料がまとわりついてしまったりうまく洗い流せていなかったり、肌への刺激が強くなってしまうんですよね。

まとめ

今回紹介した事をまとめると、まず洗顔料を選ぶポイントがこちらです。

・洗浄力をうたっていないもの
・毛穴汚れをとるとうたっていないもの
・石鹸が主成分でないこと

そして正しい洗顔方法がこちらです。

・洗顔料は泡立てること
・優しくクルクルと洗うこと
・数十秒で洗い流すこと
・洗い残しを見逃さないこと

参考にしていただけると幸いです。

This entry was posted on 2017年11月5日, in 美容.