Archives

肌荒れの原因は洗顔料だった?

洗顔をする女性

いつの時代も美は女性の憧れですよね。洗顔に化粧水に乳液、クレンジングと色々と手入れをされているのではないでしょうか。

しかし、洗顔時って肌が荒れる要素が沢山あるんですよね。知らずに必死に洗顔してしまうと取り返しの付かない事になってしまいます。

そこで肌荒れの要素についていくつかご紹介させていただきます。

洗浄力抜群の洗顔料はダメ?

洗顔料

まず洗顔料についてです。皆さんはどんな洗顔料をお使いでしょうか?洗浄力抜群なものを使ってはいませんか?

実は「洗浄力=肌荒れの元」なんですよね。”毛穴までさっぱりスッキリ!”などと謳っている洗顔料は実は危険なんです。洗浄力が強いものは大概、毛穴の汚れや肌に潜在する潜在菌(いい菌)まで洗い流してしまうものなんですよ。

特に気をつけるべきなのは石鹸です。石鹸は洗浄力が高い成分から出来ているのがほとんど。よく手の殺菌や体にも使われていますので、充分に菌を殺菌してくれちゃうんですよね。

皮脂を溶かす成分もダメ?

そして”毛穴汚れもごっそり!”という商品ですが、これも実によくないです。毛穴汚れというのは、毛穴の黒ずみを指していますが、黒ずみって実は皮脂が固まってできたものなんですね。この皮脂をごっそり取るというのはまず無理なことなんです。

皮脂を溶かす成分が配合されているということになり「皮脂を溶かす=肌の油脂がなくなる」ということです。肌の油脂がなくなってしまうと乾燥を招き、肌のバリアが弱まりカサカサ肌になり肌が荒れやすくなってしまうんですよね。

正しい洗顔料の使用方法を知っていますか?

泡を立てての洗顔

そして洗顔料の使用方法ですが、泡立てずにゴシゴシと洗うのは間違いです。洗顔料はよく泡立てて数十秒クルクルと優しく撫でるように洗うのがベストです。ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷付ける原因にもなりかねますよね。そして泡立てずに使ってしまうと、肌に洗顔料がまとわりついてしまったりうまく洗い流せていなかったり、肌への刺激が強くなってしまうんですよね。

まとめ

今回紹介した事をまとめると、まず洗顔料を選ぶポイントがこちらです。

・洗浄力をうたっていないもの
・毛穴汚れをとるとうたっていないもの
・石鹸が主成分でないこと

そして正しい洗顔方法がこちらです。

・洗顔料は泡立てること
・優しくクルクルと洗うこと
・数十秒で洗い流すこと
・洗い残しを見逃さないこと

参考にしていただけると幸いです。

This entry was posted on 2017年11月5日, in 美容.

しっとりつややかな髪に!ヘアケアにオススメ「大島椿の椿油」

ぱさついた髪

私の髪の毛は乾燥しやすく、すぐにパサついたり、切れ毛になってしまっていました。だからTVのヘアケアのCMのような「しっとりつややかな髪」に憧れ、自分でも出来るだけトリートメントをマメにして憧れに近づけるようにしています。

しかし、なかなか理想通りにはならず、あれこれヘアケア用品を試していました。

大島椿の椿油でしっとりヘアに

そんな時に「しっとり髪になりたいなら、椿油がおススメ!」という雑誌の記事を発見。早速試してみたら、使ったその日になんと「しっとりつややかな髪」に!

しっとりヘア

私の使い方は、コンディショナーをした後に椿油を2滴くらい手に取り、手の平に伸ばして、それを毛の根元から毛先に髪をとかすようにつけるだけです。

後は洗い流して終わりなのですが、時間がある時はシャンプー後の髪に椿油をつけて、タオルでまいて「椿油パック」をしています。

これをし始めてから10日くらい経つと、しっとりつややかな髪だけではなく、髪がうねったり、くせがつくのもグンとへって、家族や友達に「髪、きれいだね。」と言われるようになって、とても嬉しいです。

オススメの椿油はどれ?

椿油はドラッグストアで買えるのですが、お店によっては何種類かの椿油が販売されています。私がおススメなのは昔からある黄色の箱の「大島椿」で、値段は40mlの小さいサイズが800円、100mlの大きいサイズだと1,000円ちょっとです。

40mlって直ぐになくなりそうなイメージがあるかもしれませんが、1回に使う量がヘアケアなら2,3滴で十分だし、それ以上使うと「髪がしっとりし過ぎて、重く感じる」ようになるので、40mlでもかなり保つと思います。

しっとりつややかな髪って、結構ケアが大変そうと思うかもしれませんし、私自身も憧れながらも「すごく高いシャンプーやトリートメントじゃないと無理だろうな」と考えていたのですが、椿油でそれが出来ると知ってからは、ずっとリピート買いしています。

だから、私のように「しっとりつややかな髪」に憧れている方、大島椿の椿油、おススメですよ。

This entry was posted on 2017年9月12日, in 美容.

舌を正しい位置にすることで顔がリフトアップ!!

私は35歳を過ぎたころから、明らかに自分の顔が若い頃と比べて変わってきたなと感じるようになってきました。写真を撮ってみても、同じように笑っているつもりなのにその顔は若い頃とは違い過ぎる・・・。

やっぱり歳をとったからだなと感じながら、それなりに保湿成分の高い化粧水を使ってみたり、顔のパックなどでスペシャルケアを頑張ってみたり、コラーゲンドリンクを飲んで内側からハリを出そうとしてみたり、と色々と努力をしてみました。

舌の位置と顔のたるみに関係アリ!?

舌を出す子供

でも、一向に変わる気配はなし。歳をとったのだから仕方のないことだと諦めかけていた時、あるテレビ番組で舌の位置の話がされていました。舌の位置?自分の舌がどこにあるかなんて考えたこともないと思いながら見ていると、舌の位置と顔のたるみは深く関係しているということでした。

それで一気に興味が湧き真剣に見ていると、だいたいの人が間違った位置に舌があるとのことで、早速自分もチェックしてみると、案の定私も正しい位置ではなく下に下がっていることがわかりました。

正しい舌の位置とは

舌の正しい位置というのは、上顎の前歯の付け根より少し手前のところのちょっと膨らんだ辺りです。

私がいつも置いていた場所とは正反対なので、最初は「えっ、こんなところに舌を置いておくなんて不自然じゃない?」とかなりビックリしたのですが、これでたるみが改善されるのならばと、それからは意識して舌の位置を正しい位置に変えてみることにました。

慣れないうちはかなり変な感覚です。常に意識していないとまた今までのように下の方に下がってしまっていました。でもだんだん慣れてくると、それが当たり前になってきて、自然と正しい位置にいくようになりました。

リフトアップ

これで本当にリフトアップするのかな、と半信半疑ではあったのですが、久々に会った姉に口元のたるみがなくなってると言われました。実際に人から見てもその変化が分かるくらいなのだと嬉しくなりました。

口元がキュッと上がったことで頬の辺りもリフトアップされて、全体に若い頃の自分の顔に近くなっています。それまでは化粧品やドリンクなどでなんとかしようとしていましたが、まさか舌の位置だけでこんなに変わるとは思いもしませんでした。お金をかけずにこの変化は本当に驚きです!

This entry was posted on 2017年8月15日, in 美容.

その化粧品って本当に必要?

化粧品を選んでいる女性

デパートやコスメショップ、ドラッグストアなどに何百と並ぶ化粧品。それを、目を皿のようにして見比べ、どれがいいかを選ぶ女性たち。価格も用途も多数あり、いろいろありすぎて迷っちゃいますよね。

品定めしている時間はもちろん楽しいのですが、本当に自分に合って、自分の悩みに効く化粧品はどれなの?と悩む女性たちも多いはずです。

私も毎月化粧品にお金を注ぎ込んでいた

私は以前、エステに通い、そこの専売の化粧品を使っていました。生コラーゲンを売りにしている化粧品で、価格帯は化粧水で3000円くらい、美容液やパックになるとそれ以上で、割と高価なものでした。

化粧品の購入

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、ゲル保湿液(乳液に代わるもの)、パックを一式揃えると、ひと月あたり15000円から20000円くらいは使っていたと思います。それプラス、店舗でのエステ費用がありましたので毎月の美容代は結構な物でした。

肌荒れとニキビに悩み通い始めたのですが、効果は満足度70%くらいでしたでしょうか。人から褒められる、とまではいかなかったですが、割ときれいになったと思います。

しかし、高校生のころから悩んでいた、鼻の毛穴の黒ずみは全く改善しませんでした。出費が厳しいので時々化粧品を変えることもありました。ですが、その化粧品の使用をやめると、明らかに肌の調子が悪くなってくるので、結局いつもそこに戻るということを繰り返していました。

美容方法を変えてみた

生活の状況が変化し、いよいよ美容にかけられるお金がなくなったので、思い切ってシンプル美容に変えてみました。それは、洗顔は無添加せっけん、保湿はワセリンを使用するというものです。

もともと化粧は薄い方でしたので、むしろクレンジングをする必要もないのにしていたので、その分、肌には負担になっていたと思います。せっけんの泡だけでしっかりと化粧も落ち、洗顔プロセスはシンプルになりました。

そのあと、米粒程度のワセリンを手のひらに伸ばし、肌を押さえるようにして、ワセリンをつけていきます。冬はやはり乾燥するので少し多めにつけていますが、それだけでしっかり保湿できています。

綺麗な女性

化粧水も乳液も必要なく、美容液も要りません。数ヶ月経ちますが、以前よりも肌の色が明るくなり、トラブルも減りました。鼻の毛穴も、少しですが改善した気がします。以前は肌が薄く、すぐに赤ら顔になっていましたが、ワセリンを使ってからは肌も強くなり赤くなることもほとんどなくなりました。ワセリンは安く、減りも遅いのでコスパ抜群でした。

今まで化粧品に投入していたお金を考えると気が遠くなります。ぜひ世間の女性たちも一度ワセリン美容を試して欲しいと思います。

This entry was posted on 2017年6月19日, in 美容.

ニキビとホットヨガの相性が良かったなんて意外だった

私は高校生の頃からずっとにきびで悩んでいました。皮膚科に通ったり、にきびに良いと言われている化粧品を使ったり・・・色々試したのですが、どれもいまいち効果がなく、化粧でニキビを隠そう隠そうとする日々でした。

昨年結婚したのですが、結婚が決まった時は嬉しい半面、にきび治るかなと不安な気持ちもありました。

ダイエット目的で始めたホットヨガが・・・

結婚の1年ほど前からダイエット目的でホットヨガに通い始めました。あとは基礎化粧品をアルソアに変えました。ホットヨガに通いだすと、尋常じゃないぐらいの汗をかき、終わる頃には化粧は全て落ちてしまっているくらいで、爽快感がありました。

ホットヨガをする女性

ホットヨガにハマってしまい、週に3~4回通う日々が続きました。アルソアの化粧品も並行して使っていたのですが、にきびがひどくなることなく、むしろだんだんとお肌の調子がよくなってきました。

ホットヨガに一緒に通っていた友人にも、通いだしたばっかりのときより肌がきれいになったと言われるほど3ヶ月ほどで違いがでてきました。今までいろいろな方法を試してもここまでの効果がなかったので正直驚きました。

結婚式を迎えたときも、にきびで悩んでいた人生の中で一番お肌の調子がよく迎えることができました。現在妊娠をしているので、ホットヨガには通うことができていないのですが、アルソアの化粧品はずっと使い続けています。

私の場合はニキビにはホットヨガが効果を発揮

たまに、にきびができたりもしますが昔と比べるとにきびが出来にくい肌になり、またにきびが出来てもすぐ治る肌になったなと思います。

にきびの原因は十人十色で、にきびの治療法も十人十色だと思います。私の場合はホットヨガでした。自分に合う治療法に出会うまで、10年ほどの年月が経ちました。途中で何度も挫折し、私のにきびは一生治らない、もう何をしても無駄だと思う日々もありました。

それでも諦めず、にきびと向き合い治療法が見つかって本当によかったと思います。にきびで悩んでいる人の気持ちは痛いほど分かるので、そんな方に自分に合う治療法は必ずあるということを伝えたいです。私もまたにきびで悩むときがあっても、その都度自分のにきび治療法を見つけいつもきれいなお肌でいれるよう努力をし続けていきたいと思います。

This entry was posted on 2016年12月8日, in 美容.

顔の印象を左右する「眉メイク」

メイクをすると、表情がいきいきとして、はつらつとした印象を他人に与えます。会社へ行く時、デートの時など、メイクをすると自分に自信も持てて、コミュニケーションもスムーズにいくことが多くなることでしょう。

ノーメイクは肌にも良いですし、楽ですが、やはりメイクしたほうが断然女性らしさが際立ちますし、若々しく印象付けることも可能です。

TPOに合わせて自由に変化をつけるのにはやや応用力が必要なので、まずは基本をマスターしておくことが大切です。

顔のメイクの基本は眉

眉

顔の中で、眉毛は印象を左右しやすいパーツです。ただメイクだけに頼るのは良く有りません。メイクを美しく仕上げたいのであれば、下準備が大切です。眉毛を描く前に、眉上や眉下のムダ毛を専用のハサミでカットしたり、ピンセットで抜いたりして処理しておく事でより美しい仕上がりとなります。

専用のシェーバーがあれば、うぶ毛も簡単にカットすることができるので、持っておくと便利なアイテムですよ。

眉メイクはまず専用のブラシでとかし、毛の流れを整えます。眉山の位置が大切なポイントなので、左右のどの位置を眉山とするのか、鏡を見ながら検討し、よりよい位置を決めましょう。

眉山が決まったら、アイブロウペンシルでなぞるように描いていき、必要なら専用ブラシを併用しながら自然な印象となるようにします。

眉尻は、短いと行動的な雰囲気に、長いと女性らしさを強調した雰囲気を醸し出せます。ただあまりに短いと横顔の印象が不自然になってしまうので、横からも小さな鏡を使いチェックするようにしましょう。

眉用のパウダーを使うと、より自分の肌色に馴染む色となるので、ナチュラルメイクが好みの人には特に使ってみることをおすすめします。ヘアカラーを明るい色にしたなど、髪の色にも合う自然な眉に仕上がることが可能です。

眉のメイクをキープしたい、メイク直しの時間が十分取れない、などという場合には、アイブロウマスカラを使うとメイク仕立ての眉をキープしてくれるのに役立ちます。

普段のお手入れと、眉の書き方のコツを取得すれば、普段のメイクをワンランクアップさせる事が出来ますよ。

This entry was posted on 2015年10月20日, in 美容.

さっぱり?こっくり?フェイスマスクと基本化粧品

フェイスマスク

フェイスマスクは、お肌のターンオーバーのための保湿効果の有る物やコラーゲンや植物成分使用の物など様々な種類が有ります。スキンケア化粧品のうちでも最近のトレンドとなっていて、人気が有るみたいですね。

用途によっては高価なフェイスマスク

トライアルのセット商品にも2、3枚程度で入っていておまけのようなフェイスマスクも有りますが、中には20枚前後がワンセットで2,000円というセレブ商品も有ります(セレブっていうのは、私の感覚ですけどね)。

さらに、美白用のフェイスマスクは保湿やアンチエイジング用のフェイスマスクより割高で、1枚入りのものが約500円もする商品なんてのも有ります。通販でこの価格だったので、店頭で購入するとなるともうちょっと値が張りそうです。

フェイスマスクだけに頼ってはだめ!基礎化粧品との使い分けが大事

肌

フェイスマスクに使ってある美容液は、トロミがあるのが一般的なスタイルです。最近は「トロミ」と表現せずに「こっくり」と表現されている場合が有りますね。少し深みの有る感じを意味しているのでしょう(化粧品会社が考えた言葉なので、真意は不明です)。

こっくりとしたフェイスマスクだけではなく、保湿効果専用のさっぱりした美容液を使用しているフェイスマスクも有ります。

この「さっぱり」と「こっくり」のフェイスマスクの使い分けは、その日の肌疲れやスキンケアではメインの化粧水などとのバランスを考えて使用すれば良いでしょう。

例えば、アンチエイジングに好ましいトロミの有る化粧水を使ってからの場合だと、コクのあるタイプのフェイスマスクはまったりとかぺたっとする感覚がして合わないなと考えます。逆に、さっぱりとして化粧水にこっくりとしてオールインワンフェイスマスクという組み合わせも有りかなと思います。

実際に使用した感じでは、私の肌にはさっぱりした美容液マスクが丁度いいようです。肌は人によって、年齢によって、そして日によって千差万別です。フェイスマスクに頼るだけでなく、基礎化粧品との組み合わせや肌のコンディションなども考慮して使用していきましょう。

This entry was posted on 2015年9月18日, in 美容.

ニキビの薬を使用する前にはパッチテストをしよう

女性

高校生のころからずっとニキビに悩んでいました。おでこや頬によくニキビができました。洗顔や化粧水、乳液で肌ケアをしていましたが、なかなか治らず、駄目だと分かっていながらもニキビをつぶしてしまい、今でも鼻の頭にニキビ跡が残ってしまっています。

ニキビができるのは若い学生の間だけだと思っていましたが、20代後半の今になっても顎や口周りにニキビができてしまいます。

パッチテストをせずにニキビ薬を使った結果

学生時代に一度だけ、市販の薬でニキビを治そうと思い、クレアラシルのニキビ治療薬クリーム(肌色タイプ)を使用しました。夜寝る前に直接幹部に塗っていました。少し独特な匂いが有りますが、それほど気にならずに使うことができます。

数日間使い続けた結果、ニキビは小さくなったような気がしましたが、薬が肌に合わなかったのか、ニキビのない部分にも薬が付いてしまい、その部分が赤くかさかさになってかぶれてしまったのです。まるでチークを塗ったかのように赤くなってしまい、さらに痒みもでてきて、頬がボロボロなってしまいました

当時高校生だった私は、人に見られたり、写真に映ることも恥ずかしかったです。すぐに薬の使用をやめて、しばらく様子を見ていましたが、一向に治る気配が有りません。結局、皮膚科へ行って診てもらい事に。皮膚科でもらった薬をぬると、だんだん症状が良くなり痒みも治まって綺麗に治りました。

patch-test

それ以来、市販の薬は肌に合わないのではないかと心配で使っていません。今まで、薬などを使用して肌に異常が起こらなかったので、パッチテストもせずに使用していました。しかし、今は薬だけに限らず初めて使うものには、まず使用する前に、ひじの内側などでパッチテストをしてから使うようにしています。

【参考】私が他に気を付けている事

思春期のニキビと違って、20代後半の私が今ニキビを予防するために気をつけているのは、基礎化粧品でしっかり肌を保湿する事です。具体的には、洗顔後5分以内には化粧品を塗るようにしています。また、生活習慣を気をつけることです。たっぷり睡眠をとるようにし、食事バランスにも気を付けるようにしています。

This entry was posted on 2015年7月22日, in 美容.